ポルトガル・トレード

BLOG

ポルトガルワイン ポートワインの種類

ポートワインについて

 

多くのポートワインの貯蔵庫があるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアとドウロ川

 

さて、今日は「ポートワイン」についてのお話です。

当店でも取り扱いのあるポートワインですが、ポートワインと一言で言っても実は色々なスタイルがあります。

今日は少しそのポートワインについて説明をしていきたいと思います。

そもそもポートワインとは・・・?

甘くてアルコール度の高いワイン。食前・食後酒として飲まれることが多く、デザートやチーズと合わせたり、

甘いことからポートワインがデザートとしての役割を果たしたりします。最も有名な産地(唯一の産地)は、ポルトガルのドウロ地域です。

ポートワインのスタイルは大きく分けて3つある

黒ぶどうから造られている「ルビー・ポート」「タウニー・ポート」と、

白ぶどうから造られている「ホワイト・ポート」の3つです。

ルビー・ポートとは・・・?

ドライ赤ワインのように(普通の赤ワイン)色は赤く、濃い。

開栓後はドライワイン(普通のワイン)と同じで、だいたい3日以内に飲み切ることをお勧めします。

それ以降は酸化により味が落ちます。

ルビー・ポートは3年間未満の熟成で市場に出るものが多いですが、以下のようにもっと長く熟成させることで、

更に質の良い特別なワインが出来上がります。

 

レゼルヴァ・ルビー・ポート (☆)

生産者が、それぞれの年でより出来のいいルビー・ポートを選んだもの。

フルボディで、若々しく、パワフルでフルーティー。

 

イメージをクリックすると商品ページに移動します。

 

レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート(LBV) (☆☆)

特定の年だけに造られ、4~6年間熟成させます。

上記のレゼルヴァ・ルビー・ポートよりも豊潤で複雑な味わいとなり、

タンニンがよりとしっかりと感じられる物になります。

 

 

ヴィンテージ・ポートとは・・・?(☆☆☆)

生産者が持っている最もいいブドウ畑だけから造られるとても優れたワイン。

世界で最も長期保存が可能と言われています。重厚で豊潤。

ポートワインの頂点に君臨するワインです。

20年以上熟成させてようやく飲み頃を迎えるものもあります。

長年熟成させたワインは沈殿物(オリ)が生じることもあるので、デカンティングの必要があります。

 

 

タウニー・ポートとは・・・?

色は赤ワインやルビー・ポートより茶色っぽく薄目。

特徴としては、白ぶどうから造られたホワイト・ポートを混ぜて色が調整されたり、

異なる収穫年のワインをブレンドして熟成年数を調整すること。

(例えば5年のワインと15年のワインをブレンドすれば、10年の熟成年数ということになる。)

ワインをブレンドする過程で既に酸化しているので、開栓後も6ヶ月ぐらいは質が失われません。

多くはやはり3年程度の熟成で市場に出回るりますが、タウニー・ポートも、ルビー・ポート同様、

さらに熟成期間が長いランクの高い物があります。

 

レゼルヴァ・タウニー・ポート(☆)

色はあずき色っぽい。スタンダードの物より複雑で口当たりがまろやかになります。

フルーティで、若かしさと成熟の素晴らしいコンビネーション。

 

年数付タウニー・ポート(☆☆)

ラベルに10年、20年、30年、40年と表示があります。年数が大きいほど水準が高くなります。

表示されている年数は、平均熟成年数です。

若いポートワインはベリー系の果実味が強いのに対し、熟成とともに、

チョコレートやキャラメル、コーヒー、ナッツなどといった風味が増すのが特徴です。

  

 

ホワイト・ポートとは・・・?

上記ポートワインとは異なり、白ぶどう品種から造られます。色は黄金色で、ハチミツやナッツの香りがします。

通常は2-3年の熟成で市場に。

より長く成熟されるものもあり、複雑なナッツの風味になっていきます。

おわりに

「ポートワイン」は、甘いワイン?ポルトガルのワイン?というざっくりとしたイメージはあるかもしれませんが、

実はこんなにいろいろな顔を持っています。

ドライワイン同様、是非「ポートワインの飲み比べ」もしてみてはいかがでしょうか。

 

< BACK

最新の投稿
カレンダー
2020年12月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ

    • 2020 (2)
    • 2019 (15)
    • 2018 (26)
    • 2017 (58)
    • 2016 (16)
カテゴリー