ポルトガルについて

ポルトガルについて

温暖な気候で、年間の日照時間は3000時間以上もあり、大西洋に面した850Kmに広がる素晴らしい海岸はポルトガルの休日の行楽地として1年中人気があります。
ヨーロッパの中でも最も古くから明確な国境を持っていたポルトガルは、地域によって異なる風景が広がり、多彩なレジャーアクティビティ、そして独特な文化遺産を持ち、伝統と現代が完全に調和した場所です。最高の料理、最高のワイン、そしておもてなしの心を持った人々が迎えてくれるポルトガルは、旅行者にとって最高の場所と言えます。
ヨーロッパの最南端に位置し、他のヨーロッパの首都からわずか数時間のところにあるポルトガルには、世界中から観光客が訪れています。

あなたもポルトガル旅行にでかけて、たくさんの魅力を見つけに来てください。

地理
ポルトガルはヨーロッパの南西部に位置し、大西洋のマデイラ諸島とアゾレス諸島も含みます。ポルトガル本土の面積は88,889 ㎢で、幅が218 km、長さが561 kmあります。832 km続く大西洋沿岸とスペインとの境界線をたどると1,215 kmにも及びます。
アゾレス諸島はヨーロッパと北米の間にある大西洋に位置しています。面積は2,355㎢で、東エリアのサン・ミゲル島とサンタ・マリア島、中央エリアのテルセイラ島、グラシオーザ島、サン・ジョルジェ島、ピコ島とファイアル島、西エリアのフローレス島とコルボ島の9つの島から構成されています。アゾレス諸島からポルトガル本土までは飛行機で約2時間ほどです。
マデイラ諸島の面積は741㎢で、アフリカ海岸から約500 km、ヨーロッパ大陸からは1,000km (リスボンからの飛行時間は11時間半ほど) の大西洋に位置しています。マデイラ諸島は、マデイラ島とポルトサント島、自然保護区となっている無人島のサヴェージ島があります。

 

気候
ポルトガル本土

平均的に温暖な気候です。海抜や緯度、海への距離などの様々な影響を受けポルトガルの気候は地域によって大きく異なりますが、特にアルガルヴェ地方の冬は温暖です。
ポルトがあるノルテ地方やベイラ地方、特に内陸部のスペインに近い地域では、他のヨーロッパ諸国に比べて温暖ですが、冬は寒くなり、雪が降ります。

積雪が最も多いのはエストレラ山地で、ポルトガル本土では最も標高が高く 1,991 mあり、スキーができる場合もあります。


特にポルトガル北東部のトラス・オス・モンテスやアレンテージョなどの内陸部では、夏は暑くて乾燥しています。沿岸部は、海の影響で気温がやや低くなる傾向があります。
秋には暖かくてよく晴れた日が多く、11月初めの良い天気は「St. Martin’s Summer」と呼ばれ、聖マルティヌスの記念日が11月11日であることが由来とされています。

アゾレス諸島
アゾレス諸島の気候は、島々の緯度と湾流の影響を受け、1年中温暖です。同じ要因が海水温にも影響し、冬も夏も快適で1年を通してマリンスポーツに最適です。

マデイラ諸島
マデイラ諸島の亜熱帯気候は、その地理的位置と山岳の起伏によるものです。マデイラの気候は非常に温暖で、平均気温は夏は24℃、冬は19℃ でとても過ごしやすいです。
暖かい湾流の影響を受け、海水温の平均は、夏は22℃、冬は18℃ と1年を通して快適です。

人口
ポルトガルの人口は約1,000万人です。
人口密度が最も高いのは首都リスボン近郊で、約190万人が暮らしています。ポルトガルで2番目に大きい都市は、北部のポルトです。
一般的に、内陸部よりも沿岸部に住む人の方が多い傾向があります。

宗教
ポルトガルの大半はカトリック教徒ですが、ポルトガル憲法は宗教の自由を保証しており、ポルトガルにはさまざまな宗教があります。

言語
ポルトガル語はラテン語のルーツを持ち、全世界で約2億5000万人の人々によって話されており、世界で5番目、ヨーロッパの言語のみで統計した場合は、3番目に多く話されている言語です。

ポルトガル語が公用語になっている国々は世界中に散在しています。ポルトガル語はアフリカ (アンゴラ、カーボベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ)、南米 (ブラジル)、アジア(世界で最も若い国、東ティモール) で話されており、中国のマカオ特別行政区の公用語でもあります。
ポルトガルにはポルトガル語以外にも英語、フランス語、スペイン語でコミュニケーションできる人がたくさんいます。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。