ワインの味わい方 - ライトガイド –

ワインの味わい方 - ライトガイド –

ワインを味わうことは、外観、香り、味に訴えかける感覚的な体験です。ワインを完全に理解するためには、試飲者はこれら3つの感覚を使って異なる感覚を感じることに集中することを心にとめておいてください。

外観

ワインの外観は、本来であれば自然光の下で評価されることがベストですが、もしそれが不可能な場合はニュートラルな背景を有する人工光の下で、評価されるべきです。ワインの主な視覚的側面は、色、透明度、ワインの涙(または脚)です。

ワインの色は、ブドウの品種、ワインの製法、熟成度など、さまざまな要素に左右されます。若い赤ワインは深みがあり濃い色(紫-赤-ルビー)で、古い赤ワインは薄い色(オレンジブラウン)に変化していきます。一方、白ワインは淡い色(シトラスイエロー ‐ 麦わら色がかった黄色)から始まり、年齢とともに濃くなります(金-琥珀色)。

鮮明さ

ワインの透明度は、ワインの中に浮いている固体の沈殿物の量によって変わります。
沈殿物のないワインは完全に透明でなければなりませんが、濁ったワインは通常、古いワイン(堆積物が完全に正常な状態で)を除いてワイン製造または瓶詰め工程に問題があったことを示しています。
ワインの透明度を評価する簡単なテクニックは、グラスの下に手を置くことです。よく見ると、ワインには沈殿物がありません。

ワインの涙/脚

ワインを回した後、グラスの側面に「涙」ができます。
この現象はワインのアルコール濃度の指標であります。一般的に、グラスを滑り落ちる涙の速度が遅いほど、アルコールの含有量が高いことを示します(アルコールは水より粘性があるため)。

涙の量が多いほどアルコールの量も多くなります。ワインを回すことで、ワインは酸素を混合することができ、泡を形成して、若いワインでは着色され、古いワインでは無色になっていきます。

アロマ

ワインの香りは、鼻(正鼻性嗅覚)または口(逆鼻嗅覚)を用いて感知されます。
ワインの香りを感じる最初のステップは、鼻をワインの近くに置いて、簡単に香りを嗅ぐことです。
これはワインの最も揮発性のある香りを感じることができます。
次に、ワインと酸素の相互作用を増加させるためにワインを旋回させ、もう一度ワインの香りを嗅ぐと、放出されたさまざまな香りにすぐに気付くことができるはずです。
ワインの香りは第一、第二、第三に分類できます。
主要なアロマは使用されるブドウ品種に由来し、フルーティー、フローラルまたはハーブがあります。
次のアロマは酵母(例えば、焼いたパン)の性質であり、発酵過程の結果です。

第三のアロマはワインの熟成と酸素や木材との相互作用など時間をかけてできあがった香りです。


これらのアロマには木、ナッツ、キャラメル、スパイスなどの香りを感じとることができます。第二、第三の香りはワインブーケとしても知られています。ブドウ品種の数が少ないワインは、若いワインと同様に香りがシンプルになります。

www.aromamaster.com

味覚

味覚は、温度、タンニン、アルコール濃度などの様々な要因により異なりますが、喉越しから吐く息にのって鼻腔内に入り込む香りの影響を受けることもあります。ワインを味わうときは、酸味、甘み、タンニン、アルコール、コク、その他の風味など、いくつかの異なる側面に集中するようにしましょう。

酸度

酸度のバランスがとれていれば、ワインの鮮度を保つことができます。

酸度の高さは、ワインが涼しい気候の地域からのものであることや、早く収穫されたブドウであることを示すのに役に立ちます。

酸は舌の側面で最も強く感じられ、唾液を多く出す効果があります。ワインは天然の酸性飲料なので、たとえ低酸性と言われても、ワインは他の多くの飲料よりも酸性度が高いです。白は赤やロゼよりも酸性度が高い傾向があります。

甘味

甘味はワインに含まれる糖であり、ブリュットシャンパーニュなどドライなものからポートのような甘くて豊満な香りのものまで様々です。
甘味は舌先に感じやすいです。しかし、高い酸性度またはより低温でサーブすることによって甘みを感じにくくすることもできます。

タンニン

タンニンは口腔の乾燥感(収斂性)に関与しており、前歯より上の歯茎に最もはっきりと体感することができます。ワインの苦みを舌の奥に感じられ、ワインの質感にも影響します。タンニンは主にブドウの皮に由来するため、白ワインでは考慮されません。

アルコール

水より粘り気があるので、アルコールが入っていると口の中でワインが重く感じられます。アルコール濃度が高いと、口の中が熱く焼けるような感覚が生じます。

ボディ

ワインのボディは、ワインを構成するすべての要素が織りなす質感の印象です。アルコールは通常、身体の主要な構成要素である。砂糖とタンニンがコクを増し、ワインは重く感じられ、酸味がワインを軽く感じさせます。

おわりに

ワインを飲んだ後、口の中でワインがほどよく広がる時間を評価してみましょう。

口の中での感覚の持続時間は味の好みによって異なりますが、仕上がりまでの時間が長いほど品質の高いワインであることを示します。

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。